ダイエットのカギは筋トレ?減量効果を上げる筋肉の鍛え方

ダイエットのカギは筋トレ?減量効果を上げる筋肉の鍛え方

2019年1月8日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

ダイエットのカギは筋トレ?減量効果を上げる筋肉の鍛え方


どうせダイエットするなら健康的に痩せたいですよね。炭水化物抜きダイエットは高い減量効果が見込めますが、一方でリバウンドするリスクがあったり、不健康になってしまう可能性もあるので万人にはおすすめできません。やはり最も安全で確実性が高いダイエット方法は、毎日適度な運動をすることです。ただしウォーキングやジョギングだけが運動ではありません。体内の血流を良くして基礎代謝を上げる筋トレも、ダイエットに効果的な運動と言えます。


歩いたり走ったりして汗を流すことを有酸素運動といい、体脂肪を燃焼させる効果が期待できます。筋トレは脂肪燃焼効果は低いですが、基礎代謝が上がるので有酸素運動をした時の脂肪燃焼を促進させることができます。つまり、運動によってダイエットを成功させるためのカギは、筋トレが握っていると言っても過言ではないのです。ただ筋トレといっても、ジムに通う必要はありません。短時間でサクッとできる軽いトレーニングをするだけで十分ですよ。


代謝が上がりやすい筋肉は、主に下半身や背中です。これらの筋肉を集中的に鍛えれば、痩せやすくて太りにくい体質に改善することが可能です。下半身の筋トレで効果的なのはスクワットです。やり方は、まず両足を肩幅くらい広げて真っ直ぐに立ちます。手を頭の上に置き、イスに座ることをイメージして腰をゆっくりと下げます。この時、膝がつま先よりも前に出てしまわないよう気をつけましょう。


腰を上げる時もゆっくりと負荷を与えながら体を持ち上げます。最初は10回1セットとして、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。
もし10回もスクワットをするのが難しい場合は、スロートレーニングを行ってください。方法は、腰の上下動を5~10秒くらいの時間をかけてゆっくりと行います。その際、下半身の筋肉には常に力を入れておくのがポイントです。スロートレーニングは通常よりも筋肉へ高い負荷がかけられるので、5回1セットでも十分な効果が得られます。


背中の筋肉は意識しないとなかなか鍛えられない部位です。しかしトレーニングをすることでダイエット効果を高める基礎代謝が向上するため、下半身と一緒に鍛えておきたいところですね。
背中にはアームレッグクロスレイズと呼ばれる体幹トレーニングがおすすめです。やり方としては、四つん這いになって片方の手を上げられる限界まで伸ばします。次に5秒ほど時間をかけながら手を元の位置へ戻してください。反対の手も同じように限界まで伸ばし、ゆっくりと戻します。


この動作を5~10回程度を目安に行ってください。これで背中の筋肉や体幹が鍛えられ、基礎代謝も大幅にアップします。筋トレで代謝を上げた後は、必ずウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うようにしてください。無酸素運動と有酸素運動の組み合わせにより相乗効果が生まれ、効率的に減量することができるでしょう。


現在大分市にてダイエット指導をパーソナル形式で指導しておりますが、引き続き大分市にて運営するワイズボディメイクの様々な事案も含めて皆様にダイエット情報をお伝えします。

Facebook: 大分ダイエット|最新情報サイト

▲TOP


大分市ダイエット|大分ダイエット|大分市パーソナルトレーニング|大分パーソナルトレーニング