有酸素運動を20分以上続けないとダイエット効果はないの?

有酸素運動を20分以上続けないとダイエット効果はないの?

2018年12月31日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

有酸素運動を20分以上続けないとダイエット効果はないの?


有酸素運動を20分以上続けないとダイエット効果はないの?

ダイエットを始めるときは、食事を制限するだけではなく、日々の生活に運動を取り入れることが大事です。特にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は脂肪燃焼にも効果的なので、ダイエット中は定期的に行うようにしましょう。
ただし、有酸素運動は必ずしも20分以上行う必要はありません。よく「有酸素運動は20分以上やらないと脂肪が燃焼しない」と言う人もいますが、これは間違いです。血中に流れている脂肪は運動開始直後から燃焼されることがわかっているので、短時間でも毎日運動したほうがダイエットには効果的です。


有酸素運動の場合、20分過ぎてから脂肪燃焼効率が高まるのは事実ですが、消費するカロリーは同じです。運動を開始してから20分までは、脂肪ではなく糖質がエネルギーとして消費されますが、脂肪と糖質のどちらが消費されるかということを考えてもあまり意味がありません。糖質が消費されるということは、脂肪の元になる物質が消費されることなので、消費されるのが糖質と脂肪のどちらであってもダイエットには効果的なのです。
もちろん、有酸素運動を長く続けたほうが消費カロリーも増えるため、ダイエット効果も高くなりますが、20分以上行わなければ意味がないということはありません。有酸素運動は5分でも脂肪燃焼効果があるので、日々の生活に取り入れてみましょう。


有酸素運動を行う上で本当に大事なことは、時間ではなく毎日の継続性です。1回あたりの運動時間を気にする必要はないので、なるべく毎日有酸素運動を行うようにしましょう。「有酸素運動は必ず20分以上行わなければならない」という考えに縛られてしまうと、毎日継続することが難しくなるので注意が必要です。週に2回20分の有酸素運動をするよりも、毎日10分の有酸素運動を続けたほうがはるかに効果的です。

20分という時間にとらわれなければ、毎日の空き時間に手軽に有酸素運動を行うことができます。例えば、毎日の通勤時間をウォーキングに変えたり、昼休みに5分ほどウォーキングするだけでも、1日の消費カロリーは大きくなります。20分だとハードルが高くなりますが、5分に小分けして有酸素運動に取り組めば、ダイエットを継続しやすくなります。5分の有酸素運動を4回に分けて行っても、20分の有酸素運動と同じ効果があるので、毎日短時間でも有酸素運動を続けるようにしましょう。歩くだけであればジムなどにわざわざ通う必要もないので、無料でダイエットを継続することができます。
ダイエットを成功させるためには、日々の生活習慣を変えることが大事です。いつもよりちょっと歩く時間を増やして、ダイエットを成功させましょう。


Facebook: 大分ダイエット|最新情報サイト

▲TOP