糖質制限ダイエットの嘘と糖質の上手な管理法

糖質制限ダイエットの嘘と糖質の上手な管理法

2018年12月30日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

糖質制限ダイエットの嘘と糖質の上手な管理法


糖質制限ダイエットの嘘と糖質の上手な管理法

肥満の原因となる糖質や脂質をカットすれば痩せられる、と考える人は多いと思います。特に、糖質をカットする糖質ダイエットは、手軽で簡単なため、チャレンジしようと考えている人は多いのではないでしょうか。確かに、糖質や脂質の摂り過ぎは太ってしまう原因の一つになり得ます。しかし、脂質や糖質を単純にカットするだけでは、思わぬ落とし穴にはまる危険が高くなってしまいます。そもそも、脂質や糖質は取り過ぎれば脂肪を増やしてしまいますが、同時に私たちの体を動かすためのエネルギーでもあるのです。特に脳は、糖質を分解する事で得られるブドウ糖しか養分にできないため、糖質の摂取量が不十分だと十分に働く事ができなくなってしまいます。


糖分や脂質を極端に制限してしまうと、体は常に少ないエネルギーで活動する事を強いられてしまいます。そうなると、体は少ないエネルギーでも活動できるように代謝を押さえてしまうため、脂肪が燃焼しにくい体になってしまいます。また、脳は糖分が不足すればその活動は鈍くなります。糖質や脂質の不足が慢性的に続くと、倦怠感が続いたり、集中力の低下等を招く可能性があります。それだけでなく、長期的には心臓や血管に負担をかける事にもなり、場合によっては命の危険を伴う恐れもあります。糖質を制限するなど偏った食事よりも、まんべんなくバランスのとれた食事を摂った方が、ダイエット的にも健康的にも優れているといえます。


糖質や脂質は、単純に制限するのではなく、上手にコントロールする事でこそ健康的で効果的なダイエットにつながります。例えばよく耳にするのが、食べる順番の工夫です。食事の時、最初に野菜等食物繊維を多く含む物を食べ、次にお肉などのたんぱく質や脂質、最後に炭水化物等の糖質、という順番で食べる事で、先に食べた食物繊維が血糖値の急上昇を防ぐといわれています。血糖値を下げる働きを持つインスリンは、同時に余分な糖質を中性脂肪に変える働きがあるため、血糖値の急上昇を防ぐことでインスリンが大量に分泌されるのを防ぎ、それによって中性脂肪が増えるのを抑える事ができる、というわけですね。


摂取カロリーのコントロールも、効果的な方法です。自分の基礎代謝や目標に合わせて適切にカロリーをコントロールする事で、無理のないダイエットを行う事ができます。ただし、コントロールする事に気を使いすぎると逆にストレスになってしまうので、ほどよい程度で行うようにしましょう。同じ量を食べるのであれば、食事する回数を増やすのもお勧めです。1度にまとめて食べるよりも、少量ずつ回数を分けて食べた方が、血糖値が乱高下しにくくインスリンの分泌を抑えられるからです。


Facebook: 大分ダイエット|最新情報サイト

▲TOP


大分県ダイエット|大分市ダイエット|大分ダイエット