完全食ダイエットとは?本当に痩せられるの?

完全食ダイエットとは?本当に痩せられるの?

2018年12月27日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

完全食ダイエットとは?本当に痩せられるの?


完全食ダイエットとは、生きていくために必要な栄養素をバランスよく配合したものです。ドリンクやグミ・スパゲッティなどの商品が販売されています。完全食を食べることで、ダイエットができるでしょう。なぜなら、完全食はカロリーが低く設定されているからです。1食あたりの平均は、約200~300kalとされています。通常の食事を摂ると、1食あたり600kal以上を摂ってしまうため、半分ぐらいに抑えることが可能です。1回の食事を完全食に置き換えるだけで、カロリーは少なくても、栄養はしっかりとれます。


完全食のダイエットに向いている人は、普段の栄養バランスが良くない人、他の方法でダイエットしても痩せない人、肌荒れしている人などです。栄養バランスが悪い人や肌荒れしている人は、他のダイエット方法によって体に必要な栄養素が足りていない可能性があります。しっかり栄養がとれると、体の基礎代謝がよくなり、ダイエット効果を発揮することもあるのです。


完全食でダイエットができますが、摂取方法によっては体調を崩す可能性があるので、注意が必要です。3食全てを完全食のグミやドリンクにした場合、栄養はあっても、胃の中に入る量は少ないでしょう。食事制限をしている気持ちになってしまい、ストレスが溜まることもあります。つまり、完全食を取り入れる時は、1日1食か2食までがいいのです。また、他のダイエットと併用することで、効果が増します。


完全食ダイエットでは、スパゲッティや餃子などは、自分で作ることができます。材料を工夫すればバリエーションも多く、さまざまな味が楽しめるでしょう。具体的なレシピとして、「鶏肉ときのこの和風スパゲッティ」です。スパゲッティの麺で炭水化物をとることができます。鶏肉にはタンパク質や脂質、きのこにはビタミンやミネラルが豊富です。きのこには食物繊維も入っているため、便秘解消にも役立ちます。鶏肉を炒める時は、少量の油を使うといいでしょう。油を摂り過ぎないのも、体に悪いです。オリーブオイルを使うと、ダイエットに効果があるとされています。これらの材料を醤油味で味付けすれば、全ての栄養素をとることができるのです。しらすやワカメをいれると、カルシウムやミネラルも摂取できます。


餃子も完全食ダイエットに効果的です。餃子の皮は炭水化物、具材の豚ひき肉にはタンパク質や脂質が入っています。具材にキャベツやニンジンなどの野菜を入れれば、ビタミンや食物繊維が含まれるでしょう。焼く時には油を使うため、油分もとれます。バリエーションを変えて、チーズやしらすなどを入れれば、カルシウムも豊富でしょう。ほうれん草などの鉄分が多いものも、具材に適しています。


Facebook: 大分ダイエット|最新情報サイト

▲TOP


大分県ダイエット|大分市ダイエット|大分ダイエット