運動をすると体重が増える?ダイエットに効果的な運動の仕方

運動をすると体重が増える?ダイエットに効果的な運動の仕方

2018年12月25日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

運動をすると体重が増える?ダイエットに効果的な運動の仕方


ダイエットと聞くと真っ先に「運動」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?毎日ランニングや筋トレを行って汗を流せば、自然と体重は落ちていくもの、と考えるのが一般的ですよね。しかし実は、必ずしも運動がダイエットに効果的というわけではないのです。運動にはダイエットに効果があるやり方と、逆効果となるやり方があります。ダイエットに適さないやり方で運動をしていると、逆に太ってしまうリスクもあるので注意しなければいけません。


少しでもカロリーを消費したいからと激しい運動をしてしまうと、すぐに空腹がやってきます。そこで我慢ができれば問題ありませんが、食欲に負けて食べ過ぎてしまうと、運動をした意味がなくなってしまいます。特に運動をした後は、栄養を吸収するための働きが強くなる傾向にあります。このタイミングで糖質をたくさん摂ってしまうと、返って脂肪が増えてしまう可能性すらあるのです。


運動後の食欲を抑えるには、まず激しい有酸素運動は控えてください。ランニング中にダッシュするなどはもってのほかです。むしろジョギングやウォーキング程度の運動でも、十分に脂肪燃焼効果はあります。そして同時に、筋トレを始めとした無酸素運動を行うことをおすすめします。というのも、無酸素運動をして筋肉を刺激すると、食欲を促進するホルモンの分泌が抑えられるからです。ただし無酸素運動もやり過ぎるのは問題なので、有酸素運動と並行して適度に行うことを意識しましょう。


毎日適度な運動をしているにも関わらず、体重が増えてしまうことがあります。しかしこれを「太った」と判断するのは誤りです。十分なトレーニングができていれば、必然的に体の筋肉量が増えます。筋肉は脂肪と比べるとやや重たいので、脂肪が減っても筋肉が増加していれば体重は増えることになるのです。ここで重要なのが、「運動をすれば体重は減る」という固定観念を捨てることです。運動をすれば筋肉がつくことは自然な流れであり、筋肉がつけば体重が増えることもまた当然の結果です。これは決してダイエットが失敗しているわけではなく、痩せやすい体になるための基盤作りをしているのです。


筋肉には体の代謝を上げて血流を改善する働きがあります。代謝と血流が良くなれば脂肪燃焼効果もアップするため、痩せやすくて太りにくい体質へと変化します。つまり、適度な運動と食事を行った上で体重が増えた場合は、ダイエットが上手くいっている証拠と捉えるべきです。もし不安であれば、体脂肪率を測定してみましょう。体重が増えていたとしても体脂肪率が減少しているなら、筋肉量が増加していると判断できます。


大分ダイエット|最新情報サイトFB

▲TOP