下剤ダイエットは危険性大!自然に出して美しく痩せよう

下剤ダイエットは危険性大!自然に出して美しく痩せよう

2018年12月25日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

下剤ダイエットは危険性大!自然に出して美しく痩せよう


下剤を使ったダイエットが人気なのは、おそらく短期間で効果があるためでしょう。あるいは多量の便が出ることで、とても効果のある方法のように見えるからかもしれませんね。しかし、下剤は本来ダイエット用に作られたものではありません。そのため、正常な人が飲みつづけると体に様々な影響が出てしまいます。例えば肌荒れや筋力の低下、疲れやすさなどです。これは下剤が、便と一緒に必要な栄養素まで体外へ排出してしまうのが原因です。また水分も必要以上に排出されるので、脱水症状から体のだるさやふらつき、頭痛や吐き気などを催す恐れもあります。


下剤の恐ろしさはこれだけではありません。下剤は使い続けると体が薬に慣れて効果が薄まってきます。すると次第に飲む量が増え、ひどい時には1日何十錠も飲まなくては効果が出なくなってしまいます。ここで下剤の服用をストップ出来れば良いのですが、出来ない場合にはより多くの下剤を長期間飲み続けてしまうでしょう。薬を飲むだけで痩せられるので、もう他の辛いダイエット方法には戻れないです。しかし、この時点ですでに体はボロボロです。これ以上必要な栄養素を体外に排出すれば、いずれ脳にエネルギーが回らず無気力状態になるか、ひどければ命の危険もあります。全ての人がこうした状態になる訳ではありませんが、体に影響が出るまで下剤を飲み続ける人が多いのは事実です。


便を排出して体重を減らしたければ、排便を助けてくれる食品を摂りましょう。それは言わば「自然の下剤」です。食品であれば体に優しく、しかもお腹に溜まるので食べ過ぎることもありません。おすすめは、高い排便効果で最近話題のキウイです。この果物には食物繊維が豊富に含まれており、その量は1個でバナナ3本分とも言われています。食物繊維には「腸内で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激して排便を促す」「余計なコレステロールを吸着して体外に排出する」といった働きがあります。前者は不溶性食物繊維、後者は水溶性食物繊維の働きです。キウイはこの2種類の食物繊維をあわせ持っているため、ダイエットにはうってつけの食品なのです。ちなみに、食物繊維が豊富なのは果肉が黄緑の「グリーンキウイ」です。お店で選ぶ際の参考にしてください。


もちろん、排出するだけでは体の栄養が不足してしまいます。ダイエット中はキウイだけでなく、様々な食品をバランスよく食べるようにしましょう。和食がダイエットに効果的と注目されているのは、様々な食品が使われているうえ栄養バランスも良いためです。和食に使われる食品の中でも、良質なタンパク質が豊富な魚や大豆はかなりダイエット向き。他の食品とも上手く組み合わせてたくさん食べたいですね。