お酒って太るの?飲酒とダイエットの嘘・本当

お酒って太るの?飲酒とダイエットの嘘・本当

2018年12月25日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

お酒って太るの?飲酒とダイエットの嘘・本当


お酒って太るの?飲酒とダイエットの嘘・本当

ダイエット中のお酒は太るとも言われますが、これは基本的に嘘です。基本的にというのは、お酒にもカロリーは含まれているため、ガブガブ飲んでいると太ることは事実です。しかし、お酒が特別太りやすい飲み物かというとそうではなく、他の食べ物と同様に食べ過ぎ飲み過ぎは禁物、というだけなのです。むしろ、お酒が毎日の潤いになっている方は、禁酒を始めることでストレスが溜まり暴食に走る危険性があります。適度なお酒はダイエットのお供になり得るので、無理な禁酒は避けた方が賢明なのです。


お酒がダイエットに悪影響を与える場合もあります。お酒の肴に高カロリーなものばかり食べている方も多いのではないでしょうか。特に居酒屋などでは、お肉や揚げ物など高カロリーな肴ばかり頼みがちな方も多いはずです。お酒を飲んでいるとつい食べ物に伸びる手が抑えられなくなってしまうため、それが原因で太る可能性は十分にあります。自宅で飲む場合は、余計な料理や惣菜などを買わないこともポイントです。うっかり手を伸ばしてしまうとアルコールの力もあり止まらなくなるため、太る原因になるものは近くに置かないようにしましょう。どうしても肴が欲しい場合は、冷奴や枝豆など低カロリーなおつまみを選んでダイエットを続けます。


もしもダイエット中にお酒が飲みたくなったら、ウィスキーがおすすめです。ウィスキーは低カロリーかつ糖質がほぼゼロなので、他のお酒と比べてダイエットにかなり相性の良いお酒なのです。酔いやすい方にとって度数の強いウィスキーは辛いかもしれませんが、選択肢の一つとして考えておきましょう。注意点として、ウィスキーの度数を抑えるために炭酸割りなど飲みやすくしがちですが、あまり飲みやすくすると今度は飲み過ぎに繋がる恐れがあります。ダイエットに好ましくないことはもちろん、肝臓にもダメージが残ってしまいます。お酒は飲んでも問題ありませんが、何事も程々に留めることが大切なのです。


▲TOP