ヨガダイエットに関して本当の部分とうその部分がある

ヨガダイエットに関して本当の部分とうその部分がある

2018年12月22日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

ヨガダイエットに関して本当の部分とうその部分がある


ヨガダイエットは、ゆっくりとした動きを組み合わせることでリラックスできるだけではなく、「基礎代謝を上げることができる」ところがダイエットに効果があると言われていますよね。実際にヨガダイエットの目的は消費エネルギーを上げることなので、基礎代謝を上げることができると思っている人も少なくありません。ところがヨガダイエットには実は基礎代謝を上げる効果はなく、むしろ基礎代謝を下げてしまうという結果があるのです。


これは人間がリラックスした状態だと基礎代謝が下がるという検証結果もあることから、ヨガによってリラックスした状態になるためにこのような結果になるのではないかと言われています。そのためヨガをしても基礎代謝を上げることはできませんが、その代わりに生活活動代謝と呼ばれるカロリーを消費すると考えられています。そのため基礎代謝ではなく消費エネルギーやカロリーを増やすという観点でダイエットを意識する必要があるようです。


ただこの生活活動代謝についても、嘘と本当があります。一般的に生活活動代謝とは、「通勤・通学、家事、エクササイズやスポーツなどで消費するエネルギー」のことを指しています。このためヨガダイエットはエクササイズやスポーツをするのと同じくらいエネルギーを消費することができると考えられていて、それに合わせて食事制限などの摂取エネルギーやカロリーを減らすことでよりダイエット効果を高めることができると言われているのです。


これに関しては、確かにヨガダイエットである程度生活活動代謝がみられることは検証されています。そのためこの点は本当なのですが、消費されるエネルギーやカロリーは散歩をする程度のわずかな量であることが判明しているのです。つまりヨガダイエットをどんなに頑張っても、有酸素運動をするのと同じようにカロリーやエネルギーを消費できるわけではありません。有酸素運動の中でも散歩程度の量しか消費できないため、ヨガダイエット単体ではダイエット効果は得られないと考えられます。そのため食事療法で摂取カロリーを減らすことが必須となっている点は、ある意味本当であると言えます。


このような嘘と本当から、ヨガダイエットは基礎代謝を上げる・脂肪燃焼効果などの話は事実と異なっていると言わざるを得ません。ただ決してダイエット効果がないというわけではなく、ダイエット効果に関してはいくつかの本当の部分があります。例えばヨガにはリラクゼーション効果とストレスを低減させる効果があり、これによって過食などの過剰な欲求を抑えることが可能です。


また過食を抑えられることで冷静に食事摂取量を見つめなおすことができるようになるため、自分で食事量をコントロールしたり接種する食事の質を改善することができると考えられています。そのためヨガダイエットは運動によるダイエットではなく、食事によるダイエットのサポートの役割を担っているのが本当の効果だと言えます。


大分ダイエット|最新情報サイトFB

▲TOP