大分ダイエット|最新情報サイト概要

大分ダイエット|最新情報サイト概要

大分ダイエット|最新情報サイト概要


大分ダイエット|最新情報サイトとは大分市にてパーソナルトレーニングスタジオを展開するワイズボディメイクがパーソナルトレーニングに限定せず、県民の皆様の健康維持増進に寄与できる様々な情報をお届けする情報サイトです。大分県は県の政策として健康長寿を掲げています。当サイトの情報が県民の皆様のお役(健康長寿)に立てれば幸いです。


正しい情報が安全な健康を推進します。


肥満大国は欧米に限定されず、日本も同様の現象が起きています。成人の約過半数近くがメタボ予備軍であり、小学生の3割程度が将来のメタボ予備軍とも言われています。近年はIT関連の発達や家電製品の進化、さらに社会環境全体が「動かなくて済む」構造を生み出しています。このような環境によって30年前と比べると「動く機会」が60%も失われているとも言われています。

世の中が便利になる事は大いに賛成ですが「便利」の代償として「運動の機会」が失われているのも事実です。このような環境の中で健康体を維持するのは「積極的な運動」への取り組みが必要になってきます。残念ながら意識して体を動かさないと不健康になる要素が沢山存在する世の中に変化してしまいました。

このような現状を踏まえて大分市にてパーソナルトレーニングスタジオをオープンさせましたが、到底大分県民の皆様全員を健康志向に導く事は不可能です。そこで県や市町村等が実施する様々な運動に関連する企画や情報を当サイトにて共有し、一人でも多くの方に運動の機会を提供できるように様々な情報を公開していきたいと考えております。


ダイエット定説の崩壊


◯1日1万歩説の崩壊

1日1万歩歩こう!!これは日本でも国をあげて訴えてきた目標ですが、数十年前に打ち出されたこのスローガンも最近疑問符がつきました。長年にわたる調査の結果、1日1万歩は健康増進に確かに効果を発揮するが「それ以上歩いても意味がない」事が判明すると同時に、1万歩以上の歩行は身体への負荷が大きすぎて逆に怪我等のリスクが高まる事がわかってきました。

◯有酸素運動は20分継続説の崩壊

有酸素運動にてダイエットに取り組む場合、最低でも20分以上の連続した脈拍を保持する有酸素運動が必要と言われていましたが、この説も完全に近年覆されました。20分継続しなくても10分の2回の分けた有酸素運動でも効果は同じであると判明したのです。この定説も20年近く信じられてきたので正直驚きですね。

◯筋力トレーニングは子供に適さない説の崩壊

子供時代に筋力トレーニングを行うと身長が伸びなくなる。そんな話を聞いた事はありませんか?これは30年前にドイツの研究チームが発表した定説です。しかし同じドイツで近年全く逆の説が確認され定説が崩壊しました。面白いのは逆に適度の刺激をひざ関節に加える事で身長は伸びる事が確認できたのです。

◯肥満は生活習慣病のみのリスク説の崩壊

この論議は常に行われてきました。今でも肥満は高血圧や各種疾病のリスクを高めるファクターとして認められていますが、最近の研究では生活習慣病に限定されず「癌の発症リスク向上」「うつ病の発症リスク向上」などさらに多くの危険因子になる事が判明。肥満は基本的に百害あって一利なしという事ですね。

上記のようにダイエットや運動に関する定説は速いスピードで変化していきます。重要な事は最新の信頼できる研究をもとに確立した情報を素早く手に入れて実践する事です。時代遅れ、または間違ったダイエット法に取り組めば、最悪逆効果になる可能性もあります。


ダイエットこそが健康への近道。


現在日本では成人の3人に1人は何かしらのダイエットに取り組んでいると言われています。食事面でのダイエット、運動を取り入れたダイエット等様々ですね。しかしダイエットに取り組む際に必要な情報源の多くはインターネットや書籍がほとんどだと考えられますが、残念ながら特にインターネット上の情報の多くは誇大広告であり、誤った知識でダイエットに取り組み体を逆に壊してしまうケースも見受けられます。

さらに検索した情報が常に新鮮な情報であるとは限りません。筋力トレーニング等の定説はダイエット先進国のアメリカやドイツの最新の研究で常に短いスパンで変化しています。そこで当サイト運営のワイズボディメイクパーソナルトレーナー陣が最新の情報をお届けする体制も整えました。ワイズボディメイク在籍のパーソナルトレーナーは全米エクササイズスポーツ協会の有資格者であり、常に最新の情報に接する機会を設けておりますので御安心下さい。


大分ダイエット最新情報サイト内記事紹介


大分ダイエット最新情報サイト内記事紹介

当サイトでは下記のような記事をアップ致しますのでダイエットや筋力トレーニングの参考にして下さい。


大分ダイエット最新情報サイト内記事例A

運動しなくてもいいダイエット方法は可能?リスクはない?

結論から言えば、理論上は運動をまったくしなくても食事療法だけでもダイエットは可能です。というのも、ダイエットの基本となるのはカロリー計算なので、まったく運動をしなくても食事による摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せることができるからです。しかし、実際に運動をせずに痩せようと思うとダイエットに失敗しやすいだけでなく様々なリスクが待ち受けています。

まず、運動をせずに食事制限だけでダイエットを行うと、人の身体は不足したエネルギーを補うために脂肪をエネルギーに変換しますが、脂肪だけでなく筋肉も分解してエネルギー源にしてしまいます。するとエネルギー源として分解された分だけ筋肉量は減ってしまいます。また、人の消費カロリーの内訳を見てみると日中の運動などによって消費されるカロリーと、何もしなくても現状の肉体を維持するために必要な基礎代謝量に分けることができますが、筋肉量が減ると基礎代謝量も減っていきます。つまり、食事制限だけでダイエットをすると必然的に筋肉量が減り基礎代謝量も減ってしまうので、それだけ摂取カロリーを制限した食生活をしなければいけなくなり、それに伴って健康維持に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養素も不足しやすくなってしまいます。これでは体重が減るほど必要な栄養素を摂取することが難しく体調を崩しやすくなると言えるでしょう。

また、人は運動することでセロトニンという脳内物質の運動を促します。運動が嫌いな人からは運動すること自体がストレスだという声もあるかもしれませんが、このセロトニンは気分を落ち着かせて安心感をもたらす作用があります。このように本来運動は、ストレス解消の手段として効果的ですが、食事制限だけでダイエットしようとするとセロトニンの減少からストレスが増えて運動する気力が失われ、その結果として更にストレスが溜まってしまい、ダイエットに挫折してしまうことも少なくありません。

なお、ダイエット中に特に気をつけなければならないのは、ストレスの反動によるドカ食いですが、食事制限だけによるダイエットではストレスが溜まりやすいのでドカ食いをしてしまう危険性が高いだけでなく、筋肉の分解により筋肉量が減少し、その分だけ基礎代謝量も落ちているので、ダイエット前と同程度のカロリーを摂取しても、以前より太りやすい体質になっていると言えるでしょう。

こうした理由から、食事制限だけのダイエットは理論上は可能であるものの、必要な栄養素を十分に摂取できないことやダイエット前よりもリバウンドしやすい体質になるといったリスクがあります。


大分ダイエット最新情報サイト内記事例B

ダイエットのために朝食を抜くと逆に太るって本当?

ダイエットのために朝食を食べないという人は意外と多いのではないでしょうか。しかし朝食を抜いた生活を続けていると、痩せるどころか逆に太りやすくなってしまう危険性があるのです。
まず、朝食をとらないと体温が上がらないため、体は眠ったままの状態となります。すると胃腸の働きも鈍くなるので、ちょっとしたことで胃もたれを起こしたり、便秘になる場合があります。また、胃腸の元気がないとエネルギーの消費も少なくなるため、痩せにくい体質へと変わってしまう恐れもあるでしょう。

朝食を食べないでいると、当然ながら夕方以降にお腹が減ってきますよね。朝食べていないから大丈夫だと油断して夕食を多めにとってしまうと、余計に太りやすくなってしまいます。
その理由は交感神経と副交感神経の働きの違いです。日中は交感神経が活発になるので、脂肪の分解や燃焼が促進されやすくなります。そのためしっかりと食べても脂肪にはなりにくいのです。
ダイエット効果を高める交感神経とは相反して、副交感神経は消化や吸収の働きを活発にする一方で、エネルギーは体内にため込んでしまいます。つまり、夕食をたくさんとるとそれだけ脂肪も蓄えられてしまうというわけです。

ダイエットの効率を上げるためには、朝ごはんをしっかり食べて夕食を少なめにするのがポイントです。朝食は起床から2時間以内にとるようにしましょう。
というのも、朝起きてから何も食べずに2時間以上が経過すると、脳は体を動かすために必要な糖を筋肉から作り出すようになります。筋肉が分解されると基礎代謝が落ちるので、エネルギーの消費量も低下してしまうのです。
朝食をとるようになると自然と体温も上がっていくので、毎日の目覚めがよくなりますよ。朝食にはダイエット効果に加え、規則正しい生活が送れるようになるメリットもあります。

朝食にはパンよりもお米の方がおすすめです。パンを食べると血糖値が急激に上がってしまうので、脂肪がつきやすくなるリスクがあるからです。逆にお米は血糖値の上昇が緩やかなのでダイエットに適しています。どうしてもパンが食べたい場合は、糖質の少ないライ麦パンや全粒粉のパンを選びましょう。
おかずに最適なのは鶏むね肉を使ったサラダチキンですね。糖質が少ないだけでなく、タンパク質やミネラルが豊富なので健康面でもプラスになります。
忙しくて朝食の時間が取れないという人は、バナナやヨーグルトを食べるだけでも構いません。発酵食品やバナナに含まれる食物繊維には、腸内環境を整える効果があります。胃腸の働きが活発になれば脂肪が燃焼されやすくなったり、便通が改善されるのでダイエットに有効なのです。


大分ダイエット最新情報サイト内記事例C

ダイエットで重要なカロリー!効率良く痩せるための方法は?

ダイエットにトライするときに、食品のカロリーを気にする人も多いでしょう。成人男性、成人女性の1日の摂取カロリーは、だいたい1,800カロリーから2,400カロリー前後が標準と言われています。このレベルの範囲におさまっていれば、食事で体重が増えてしまう心配は少なくなるため、カロリーを気にすることは実際に大切です。ただ、低カロリーの食品を選んで食べれば必ず痩せるとは言えないのが、ダイエットの難しいところです。カロリーが低い食品を選んで食べていても、食べ過ぎで1日の摂取カロリーが増えてしまうと逆効果になってしまいます。

カロリーを気にすることはダイエットの1つのアプローチですが、食品の種類にもこだわるのが理想の体型を手に入れる近道になるでしょう。

低カロリーの食品を積極的に食べていても太ってしまう原因が、例えば血糖値です。炭水化物などの血糖値が上がりやすい食物を食べると、一時的にはお腹が満たされます。しかしながら、しばらくたつと再び空腹を感じることが多いです。急激に上がった血糖値は下がりやすいため、またお腹が空いて間食が増えるといった悪循環に陥ります。6枚切りの食パンのカロリーは、だいたい150カロリーから160カロリーです。一方、高タンパクな鶏肉100グラムのカロリーは、200カロリーから300カロリー前後。カロリーだけを比べると食パンのほうが低いですが、血糖値が上がるペースは鶏肉よりも食パンのほうが高くなります。

1点の食品のカロリーだけにこだわっていると、間食が増えて結果的に太ってしまうことにもなりかねません。

ダイエットは、エネルギーを代謝する体のペースが上がるほど成功しやすくなります。したがって、代謝を上げる食品を積極的に食べるのがダイエットを成功させるコツです。代謝を上げる食品としては、タンパク質が有名です。肉や魚などのタンパク質は、筋肉を増やしてカロリーを消費しやすい体を作ってくれます。運動する習慣がない人は、筋肉量も概して少ないです。筋肉は代謝を上げるうえでも重要な役割を果たしているため、筋肉が少ない人はカロリーを消費しにくい体になっている可能性があります。肉や魚を食べずに炭水化物や菓子類などを多く食べている場合、知らない間に体重が増えていることもあるため注意をしましょう。

このような状況を避けるには、1点あたりのカロリーが多少高くても、タンパク質を含む食品をしっかりと食べる必要があります。タンパク質の食品は、食後の満足感が得やすいのがメリットです。タンパク質を中心にしたバランスのよい食事をすれば、間食が減り、いつの間にか痩せていたといったこともあるかもしれません。

上記のような内容を大分ダイエット情報サイトでは掲載していきます。


 

大分県パーソナルトレーニング協会HP

大分県民を健康にする会HP

ワイズボディメイク大分HP

ダイエットの本当と嘘HP

▲TOP


大分県ダイエット|大分市ダイエット|大分ダイエット